禁煙治療について

日本でも2006年4月より禁煙治療が保険診療で行えるようになりました

喫煙は各種癌(すべての癌の発症率が高くなります)だけではなく高血圧症・虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)・脳卒中の明らかな原因でもあり、禁煙することによりそれらの危険性は年々少なくなっていきます。
わかっていても、一度習慣になってしまうと喫煙というのはなかなかやめられません。
これは習慣的喫煙はニコチン依存症という病気だからです。
そこで禁煙を手助けする為に、医療機関での禁煙治療が行われるようになったのです。
また2008年から内服の禁煙治療薬が日本でも使えるようになり、飛躍的に禁煙成功率が上がりました。

ニコチン依存症

タバコを吸うとニコチンが体内に入ってきます。このニコチンは瞬く間に血液に乗って脳へやってきます。
習慣的にニコチンが脳に入ってくると、徐々にニコチンレセプター(受け皿)が育ってきます。このレセプターにニコチンが付くと快楽ホルモンが出て、快感を味わうようになります。また時間が経つとニコチンがレセプターから離れていきます。
そうすると快楽ホルモンが減って、もう1本吸いたくなります。
この繰り返しで、更にレセプターが増え、この悪循環から抜け出せなくなります。
これが麻薬にも劣らない強い依存性の正体です。

保険適応

禁煙治療を保険診療で行うにはつの条件があります。


   直ちに禁煙しようとする意志があること

   ニコチン依存症判定テストで5点以上であること

   1日喫煙本数×喫煙年数が200以上であること

   禁煙治療を受けることに文章で同意すること

   前回の禁煙治療から1年以上経過している、もしくは初めてであること


以上全てがあてはまれば保険での禁煙治療が受けられます。

※基本的に内服薬(チャンピックス)にて加療を行うことになります。
 2011年10月から、服用中は車などの運転が出来なくなりましたのでご注意下さい。

※2016年4月より35歳未満の方には上記3の要件が不要となりました。

1.直ちに禁煙しようとする意志があること(禁煙の意思)

これはご本人が禁煙しようと決意しておられれば良いと言うことです。

2.ニコチン依存症判定テストで5点以上であること

ニコチン依存症判定テスト(TDS)

 1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか
 2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか
 3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか
 4.禁煙したり本数を減らした時に、次のどれかがありましたか
   (イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲や体重増加)
 5.問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
 6.重い病気にかかったときに、タバコは良くないとわかっているのに吸うことがありましたか
 7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
 8.タバコのために自分の精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
 9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか


※ 以上10項目の内、5項目以上あてはまなければなりません。

3.1日喫煙本数×喫煙年数が200以上であること(ブリンクマン指数

一日に吸うタバコの本数と喫煙年数を掛け合わせた数字です。これが200以上でなければなりません。

 例)
 1日に1箱(20本)吸う方で、20才から吸い始め現在50才だとすると禁煙年数は『50-20』で30年になりますので

  ブリンクマン指数  = 20(本/日)× 30(年)= 600

4.禁煙治療を受けることに文章で同意すること(同意)

これはご本人が禁煙しようと決意しておられれば良いと言うことです。

5.前回の禁煙治療から1年以上経過している、もしくは初めてであること(前回治療)

保険診療での禁煙治療は、年1回しか適応されません。

ですので、初めてであれば全く問題有りませんし一度保険禁煙治療を行ったが、その後挫折し喫煙再開した方でも前回の禁煙治療から1年経過していたら再度保険適応されると言うことです。


治療薬

保険での禁煙治療で使うことが出来る薬はつです。

チャンピックス

ニコチンを全く含まない飲み薬です。
上記レセプターに付くことで、ニコチンが付くのをブロックします。またレセプターに付くことで、快楽ホルモンが少量出るようになります。
これで吸いたい気持ちを少し抑えてくれます。12週間服用します。

※ 2011年10月から、服用中は車などの運転が出来なくなりました。

ニコチネルTTS

ニコチンを含んだ皮膚に張る薬です。
皮膚から少しずつニコチンを体内に送り込みます。このことで禁煙期間のイライラなどの禁断症状を和らげます。
8週間使用します。

費用

その他の病気の有無・薬の量によって変わってきます。ですから一律ではありません。

チャンピックスの場合、3か月の合計で治療薬が4万円弱、診察が2万円強で、合わせて6万円前後になります。
自己負担割合が3割の方は窓口負担が2万円程度ということになります。
1日1箱吸われる方でしたら、タバコ代1.5か月分くらいです。
(1箱400円なら50箱分になります)

CMコンテスト受賞作品

2012年

2011年

2010年

禁煙リンク

すぐ禁煙
いい禁煙

5月31日  世界禁煙デー です

The WHO Framework Convention on Tobacco Control 世界保健機関タバコ規制枠組み条約

WHOはこの条約をタバコによる惨害から世界を守るための切り札と位置づけています。この条約はすでに170国以上が批准しており、”すべての人々に最高度の健康を享受する権利があることを承認し、タバコ規制活動を進めるための新たな法的支援の度台を提供する”ものです。

≫詳しくはこちら

2011年世界禁煙デーポスター

2011年世界禁煙デーポスター

脳ドック
神戸脳ドック.com
人間ドックのここカラダ
マイクリック
私たちは、ヴィッセル神戸サポートファミリーです。

クリニック内の水槽の映像です。
少しでも癒されていただければ嬉しいです。