MRIの注意事項

MRIは強力な磁力を用いて、脳や脊髄を中心に体内を検査する装置です。そのため検査を受けられる際には注意事項があります。
以下に列記しますので、ご注意ください。

当院では被検者の安全や十分な検査行うため、また装置の損傷を防ぐために、下記のものは原則外していただくか・落としていただき検査を行っております。外せないもの・落とせないものについては検査は行えない場合が多いのでご注意ください。不明な点はお問い合わせください。

検査ができないか、検査時に必ず外していただかなければならないもの

ペースメーカー・神経刺激装置などの埋込式医療機器

誤作動を起こし、場合によっては生命が危険にさらされます

補聴器・時計・携帯電話などの電子機器

壊れてしまいます

湿布・貼付薬などの液体を含んだもの

やけどの原因になることがあります

一部に金属が使われているもの

装置内へ引き込まれて壊れたり、検査自体がノイズにより不十分になったり、場合によってはやけどの原因となります
例)めがね・貴金属(指輪・ネックレス・ピアス)・ヘアピン・一部のカツラやヘアピース・カイロ・一部のサポーター・遠赤外線下着・大部分のブラジャーや一部のスリップ・入れ歯・カラーコンタクトレンズ・磁気治療用品など

場合によっては検査ができない可能性があるもの

体内金属

やけどや体内損傷の危険性があります
例)脳動脈瘤クリップ・人工関節・ボルト・避妊リングなど

化粧品・コンタクトレンズ・入れ墨

やけどの危険性があります
例)ラメの入ったアイシャドーやマスカラ・入眉墨・アートメイク

 ※当院では安全に検査を受けていただくため、これらのお化粧は必ず落としていただきます。
 ※コンタクトレンズも必ず外していただきます。(各種ケース・洗浄保存液はご用意しております)
 ※検査歴のある方を除き、入れ墨・入眉墨等の方の検査はできかねます。

脳ドック
神戸脳ドック.com
人間ドックのここカラダ
マイクリック
私たちは、ヴィッセル神戸サポートファミリーです。

クリニック内の水槽の映像です。
少しでも癒されていただければ嬉しいです。